無料ブログはココログ

« 誇りを持って | トップページ | 新しい、統合の時代へ »

2006年10月10日 (火)

国家資格化の現在

昨日の心理臨床学会国際シンポジウムを振り返って

現状は、鴨下一郎議員のブログにあるように、昨年度の「2資格1法案」を土台にした国家資格化の流れが生きているようです。昨日も来賓の精神神経学会の先生が発言されたように、その法案に対して精神医療関係諸団体が最も強く懸念しているのは、「医療に2つの資格が入り込んで混乱する」ことのようです。

今まで、医療心理師推進派は、「医療は医療心理師に、その他領域は別資格で。」と主張し続けて来ました。(それは、日本の医療にあるさまざまな縛りを、非医療領域に及ぼさないためであるとのことでした。)

臨床心理士推進派の主張は、「ひとつの資格を、医療でもその他の領域でも通用するようにしてほしい。」というものでした。(ただし、臨床心理士推進派は、「2資格1法案」に対する反対はしていません。立法の専門性への敬意ですね。)

昨日のシンポジウムで感じたのは、統一された「ひとつの資格」を求める当事者の熱意です。遠くヨーロッパから来られた先生方のお話も、その熱意を大いに盛り上げるものだったと思います。

昨年度と比べて変化したことは、日本心理学諸学会連合の動きが、積極的になっていることだと感じます。

11月4日には、日本心理学会第70回大会(福岡)で、国家資格化に関する特別公開シンポジウム(参加無料)が開催されますね。いくつかの立場からシンポジストが出席される予定です。「2資格1法案」が近々の国会に提出されるのか、それとも「2資格1法案」への修正案として「ひとつの資格」に向かう動きが起きるのか、今が本当のスタートラインと言えるかもしれません。

昨日の海外来賓の方々の話にもあったように、心理職当事者がひとつになって、「ひとつの目標」に向かって進むことができるといいのですが…。

« 誇りを持って | トップページ | 新しい、統合の時代へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156509/3761017

この記事へのトラックバック一覧です: 国家資格化の現在:

» 心理職資格系2大ブログ?復活! [ロテ職人の臨床心理学的Blog]
長らく休止状態にあった緊ブロこと「臨床心理職国家資格のための緊急ブログ」が名前を... [続きを読む]

» 「国際シンポ」速報2-感想 [臨床心理職国家資格のためのときどき緊急ブログ]
今回のシンポは、医療関係団体の方も参加してくださって、ご発言してくださいました。日本精神神経科診療所協会の先生や日本精神神経学会の先生からの率直な発言がありました。また、日本精神科病院協会の先生も参加しておられました。なかなか、緊迫したディスカッションでしたが、医療と心理の関係者が直接に意見を交し合うこの機会は、本当に待ち望んでいたものでした。医療関係の皆さんの意見にはまだまだ理解をいただくまでの... [続きを読む]

« 誇りを持って | トップページ | 新しい、統合の時代へ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30