無料ブログはココログ

« 心理療法ができる職場 | トップページ | お知らせ »

2007年3月 6日 (火)

臨床心理職は何をする人か

昨日のエントリで、心理療法を臨床心理職の職能の核にする意識が大切なのではないかということを書きました。

調理師が調理をする人、理容師・美容師が髪を切る人、というように、それぞれの職業を最もシンプルに表現するなら、臨床心理職は何をする人と言えるでしょうか。

いろいろ異論はあると思いますが、私は、臨床心理職はやはり心理療法をする人なのではないかと、このごろ特に思っています。いろいろ異論はあるとは思うのですが…。(「カウンセリング」と言った場合には、教員、ソーシャルワーカー、看護師等、さまざまな職種によって行われる活動で、その中で臨床心理職によるカウンセリングというのは、心理療法を基礎にしたものであることに特徴があるのではないかと思います。)

日本臨床心理士会のホームページには、「四本柱」と言われる「臨床心理アセスメント」「臨床心理面接」「臨床心理的地域援助」「臨床心理学的研究」が掲げられています。この4つは、もちろん、どれも大切で、どれもできなくてはならないものです。そして、その中で、アセスメントや地域援助、研究を成り立たせているものは何かと考えたときに、臨床心理面接あるいは心理療法あってのあとの3つではないかということが、昨日のエントリで言いたかったことのひとつです。

臨床心理職は、心理療法ばっかりして地域援助ができないということを批判的に言われることがときどきあります。いっぽう、私自身は、今は地域援助に関わることも多いですが、そのときいつも感じるのは、心理療法を引き受けてくれる良い機関が、地域援助のひとつの資源としてとても大切だということです。臨床心理職による地域援助の特徴は、必要に応じて心理療法の営みと呼応していくということに強みがあると思います。

アセスメントというものが、心理療法や地域援助につなげるためのものであることは、今さら言うまでもないと思います。援助あってのアセスメントです。もし、何の援助手段もないのであれば、アセスメントだけするということはしてはいけないことのように思います。あるいは、アセスメントということが、そもそも心理療法の一部であると言ったほうが正確であるかもしれません。

今、とりたててこういうことを書くのは、国家資格をどの範囲までにするのかという問いかけに対して、このあたりの議論を堂々としていくことが重要だと感じるからです。

「心理療法」は、決して基礎心理学の応用として導き出せるものではなく、心理療法そのものの修行を積むことによってしかできるようになりません。もちろん、たとえば行動療法の基礎理論として学習心理学の修得が必須であるように、理論を学ぶことは必須ですが、たとえば学習理論の勉強だけで行動療法という心理療法ができるようになることは決してありません。

2つの国家資格案を巡って、さまざまな次元が錯綜する議論がなされていますが、心理療法についての基本的な考え方をブレさせないことが、今、とても必要だと思っています。

そして、その観点から従来の医療心理師の主張を反省してみると、いろいろな疑問が湧くのですが、それは、また。

参照:はらちゃんのブログ:臨床心理学会研修会報告②

« 心理療法ができる職場 | トップページ | お知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156509/5595766

この記事へのトラックバック一覧です: 臨床心理職は何をする人か:

» 病院において心理療法をすること [心の探求、あるいは夜の世界]
心理療法を行うことの責任と覚悟から見た大学院研修について。 [続きを読む]

» 必要なのは「心理療法・心理面接をすることの怖さ・重みに対する自覚」なのではないかと [ロテ職人の臨床心理学的Blog]
つなでさんの臨床心理職能メモの07/03/05のエントリ、心理療法ができる職場と... [続きを読む]

« 心理療法ができる職場 | トップページ | お知らせ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31